引っ越しをする際に費用を浮かせるために自力でベッドを運ぶ人も多いと思います。

 

自分でベッドを運ぶのなら、分解・組立・梱包などを順序よく行い、壁・床・ベッドに傷がつかないよう慎重に動くことが大事な為、その点について記載します。

 

 

  • ベッドが解体可能なものなのかどうかをチェックする。
  • マンションのエレベーターに入りきらなかったり、扉や廊下から搬出・搬入できなかったりすることもあるので事前に寸法を測っておく。
  • ネジなどの細かな部品を収納するケースや袋を用意して、ベッド解体に必要な工具なども準備しておく。
    (可能であれば部位ごとに袋を分けておくと後々組立をする際に楽だと思います。
    ベッドの解体・組み立てに必要な主な工具は、ドライバーや六角レンチがメインになり、これらはホームセンターや100円ショップでも購入できるものです。)
  • 組み立てが難しい種類のベッドであれば、スマホやカメラなどで完成状態の写真を撮影しておく。

 

 

実際に引っ越し業者に依頼した場合も、このような流れで運搬するケースがほとんどです。

 

また、ベッドの種類によっては、2段ベッドやパイプベッドなどのような解体してコンパクトに運搬に向いているタイプのものもありますが、

 

ベッドフレームよりも大きさで問題となるのがマットレスで、

自家用車では運べず、車をレンタルする場合の参考目安としては、

軽トラの荷台幅は、縦が1940mm、幅が1380mm~1450mmとなっています。

 

マットレスの大きさは、どのサイズでも長さは1950mmですが、

 

横幅は、シングルで1000mm、セミダブルが1200mm、ダブルが1400mm、キングで1800mmです。

 

よって軽トラをレンタルする場合は、ダブルベッドまでのマットレスがギリギリ入るぐらいのサイズとなります。

 

事前に寸法確認が必要ですが、無理な場合は2tクラスをレンタルして下さい。

 

費用は、1日当たり軽トラで8000円~10000円、2tで15000円~20000円程度が相場になります。

 

県外引越しの場合は、乗り捨て制度もある事も忘れずに。

 

(また、現在は折り畳み式のマットレスも販売されているので、無理に運ばず新居先で新たに購入する事も視野に入れて下さい。)

 

無事、搬入出来たら、後は床を傷つけないように古毛布やブルーシートを敷いて組み立てて終了です。

色々やる事が多く、注意点もあるのでひとまず業者の見積もりを取ってみる事も併せて行っておきましょう。