ベッドマットレスには寝ている人の汗や皮脂が溜まりますから、定期的に掃除してあげなければなりません。

しかし布団と違い、干すことができないので、どのようにベッドマットレスの手入れをすればいいのか分からないと言う方も多いでしょう。

 

だからと言って放っておけばダニや埃が溜まり、アレルギーや喘息を引き起こすきっかけとなってしまいます。

 

掃除をする以前の簡単な方法として、マットレスの表裏を変えたり、頭と足の部分を方向転換することがあります。

 

この方法であればダニやカビも発生しづらくなりますし、スプリングの寿命も長持ちします。

 

できれば方位交換は頻繁に行いたいところですが、難しいようなら3ヶ月に1度で十分です。

 

それから掃除機をかけることも有効な手段ですから、ベッド専用掃除機などを使って丁寧にベッドマットレスを掃除してみましょう。

もちろん一般的な家庭用掃除機を使ってもかまいませんので、縦方向と横方向に吸気をかけてみてください。

 

しかし中には業者に頼んでベッドマットレスを掃除したいと言う方もいるでしょう。

マットレスのクリーニングなど聞いたことがないという方もいるかもしれませんが、最近は出張クリーニングをしてくれるクリーニング業者もあります。

専門業者ですからマットレスに付いたダニはもちろん、汗ジミやおねしょシミもきれいになります。

費用の目安としては、

  • シングル片面で8000円程度、シングル両面で13000円程度、
  • セミダブル片面で9000円程度、セミダブル両面で15000円程度
  • ダブルなら片面で10000円程度、両面で17000円程度
  • クイーンサイズであれば片面12000円程度、両面19000円程度、
  • キングサイズは片面13000円程度、両面20000円程度

と、サイズが大きくなればなるほど料金もかさみます。

また業者によってはオゾンによる脱臭や殺菌、抗菌コーティングなどオプションを用意しているところもありますので、料金表やオプションを良く見て検討しましょう。

もし、引越しでベットを運ぶ場合には、必ず引越し後に掃除を行うようにして下さい。