引越しでは新居の細かな採寸が必須なのですが、忙しい中ではつい忘れることも多く、いざ配送をお願いし運び入れてもサイズが合わず困ることがあります。

 

 

特に大型家具はこうした心配があるもので、万が一サイズの確認を忘れて部屋にベッドが入らなかった場合の対処法として、

 

  • 引越し業者が行なう荷物一時保管サービスを利用する
  • 処分をして新たに買い換える
  • 専用車を利用して、入る部屋から入れる(通常、この方法が多いですが別途、追加料金が発生します。料金も各社異なります。)

などの手があります。

 

まず、荷物一時保管サービスとは引越しに際して新居に運び入れる事もできない物品を一時的に保管してくれるサービスで、トランクルームのように利用できる事から対処法として優れています。

 

ただ新居に運び入れず解体が出来ないベッドであれば保管していても意味が無く、処分についても考えなければなりません。

 

そうなると、状態が良いのであればすぐには捨てず一時保管サービスを利用した上でネットオークションに出すと対処法として良いでしょう。

 

また状態が悪いのであれば捨てるしか方法がありませんが、引越し業者では不用品処分を手掛けており、大型家具の処分を依頼することができます。

 

 

通常、大型家具は地域の粗大ゴミの処分方法に即して捨てる事になりますが、予約を入れて実際に処分するまで時間が掛かることもありますので、業者を利用してその日のうちに処分した方が良いでしょう。

 

 

また、業者によってはベッドのサイズが大きい場合でも無理やり部屋に入れる事が可能なケースもあります。

(この方法が一般的ですが、業者による技術力が要になってきます。)

 

 

作業でクレーンや高所作業車を用いた場合に窓からの搬入がなりますので、窓の位置やサイズなど条件が整えば有料にて作業が可能です。

 

こうした作業が行なえる業者に関しては、一般的に大手引越し会社では必要となる機材を揃えているケースが多くあります。

 

中小の業者であれば事前にホームページや問い合わせで確認してクレーンや高所作業車のスカイポーターがあるかを確認しておくと良いでしょう。

 

費用に関してはそれぞれの料金体系で変わりますが、目安としては2万円から3万円程度の追加と考えておけば良いでしょう。